ブログトップ

smile support ~スマイル・サポート~

mamanoegao.exblog.jp

花粉症と口、そして便秘

花粉症と便秘は直接関係はないのですが、
けれども、見ていると
痰の増加・吸引回数の増加が共通して起こります。
そして、どちらも緊張を伴うのですが、
緊張の仕方が微妙に違う感じです。


コウキの場合、花粉症や風邪で喉が苦しい時、
下唇を噛む緊張が強くなります。
現在は、舌の先を噛んでしまい、口内炎を作ってしまっています。

歯があたるので、そのたびにビクッと緊張が入ります。
a0251656_17411656.jpg

この写真は、まだ本気で噛みこんでませんが、
噛みこむとなかなか自分で口があけられなくなり、
助けなくてはなりません!
この時の注意として、ぜったいあごをひっぱりさげちゃいけないこと!
あごを押す!
「押す!」です!

そして、現在の舌の口内炎
a0251656_1746954.jpg

べロの先(下側)見えますか?
これがまた、あたるといたいんですっ(>_<)


昼食中、むせ込み痰が上がってきたので、
様子を見てパンダに座らせ、吸引を何度か行いながらも、
状態が落ち着かず・・・
今度は、ビリビリとした全身の緊張も入りだし、
ん~このパターンは・・・
喉が苦しいというより(喉も苦しいけど)、便?
浣腸を準備・・・
ん~出血もありましたが、すっきりしたようで、
やっと、落ち着きました。
吸引を始めてから、格闘1時間
やっと平穏を取り戻しました^_^;

そして、やっと食後の口腔ケア・・・

コウキも母も、よく頑張りました・・・
ただいま母は気が抜けてちょっとへろへろです・・・


ちなみに、浣腸をしても便の出方が中途半端だと、
これまた緊張が続き、ダイアップ(緊張止めの座薬)のお世話になることもしょっちゅうです・・・



余談ですが・・・
去年の春先に、風邪をひき、その時も痰がものすごくて、
本当に痰におぼれそうな状況で・・・
うつぶせクッションを使用していた時に、
ホッぺにじょくそうを作ってしまいました(T_T)・・・
じょくそうになって初めて、治らない、治りにくいものだと知りました・・・
じょくそうは、何とか治ったものの、
それ以来、うつぶせをしていると、
じょくそうだった部分がくっきりと赤く浮き上がってくるようになってしまいました(涙)
本当に、こわいです。
じょくそう油断禁物です!!!


じょくそうは、おしりだけじゃなく、いろんなところにできちゃうので、
皆さまもどうか、お気をつけ下さい!
そして、この不安定な時期を乗り切りましょう!






にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 高知県情報へ
にほんブログ村
[PR]
by smile-support | 2012-03-20 18:36 | コウキmamaのつぶやき
<< 我が子の障害がわかった時(ko... 花粉症と吸引とじょくそうの関係 >>